スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の肌のために紫外線のことをもっと知りましょう。

おはようございます♪

あかだまStaffのNです。


今日、ご紹介するテーマは、ずばり、「紫外線」についてです。

未来の肌のために紫外線のことをもっと知っておきましょう。

日やけやシミなどで後悔しないために、紫外線の種類や肌への影響を知って

損はありませんよね。

img13_0.jpg

紫外線にはUV-AUV-Bの2種類があり、特に「生活紫外線」と呼ばれるUV-Aは、

雲や窓ガラスを通り抜け、肌深部まで届くのです。



2種類の紫外線から防御することがカギに!


◇UV-A(生活紫外線)
日常生活での累積。
しわやたるみの原因に。

↓↓

全体の約35~50%が肌表面を通過して肌深部まで届くため、
しみ・たるみの原因になります。
夏の昼間ならば、20分程度で黒くなることも・・・。


◇UV-B(レジャー紫外線)
とくに夏が強く、肌表面に炎症を起こす。
↓↓

UV-Bを多量に浴びると数時間で赤み・ひりつきなどやけど状態となり、
しばらくしてから黒くなることが多い。

img13_1.jpg

紫外線の累積は怖い。
しわ・たるみとなって現れる。


紫外線ダメージは日やけやシミだけではありません。
紫外線を多く浴びてきた方は、肌深部の細胞や線維質にダメージがあり、
ハリや弾力が失われていきます。

img13_3.jpg

肌あれしたまま紫外線を浴びると、ダメージが深刻に!

「肌あれなし」と「肌あれあり」の肌に、紫外線を当ててみたところ、
「肌あれあり」の方が、炎症&黒化(色素沈着)しやすい傾向に。

img13_4.jpg


「色が白い」人ほどしわリスク!?

・紫外線を浴びると肌が赤くなりやすい。
・肌色が明るい方、黒くなりにくいタイプ

↓↓

肌が褐色に変化しないからといって、紫外線の影響がないわけではありません。
肌の奥でダメージが蓄積されやすく、しわリスクが高い可能性があります。



ホームページ
↓↓
*---------------------------*
化粧品専門店 あかだま
*---------------------------*
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N氏

Author:N氏
あかだまStaffブログへようこそ!
化粧品や美容・健康情報を発信していきます。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。