スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節を感じ取ると・・・


こんにちは。
あかだまスタッフ”N”です。

久しく、ご無沙汰しております。
ブログの更新が出来ていなくて申し訳け有りませんでした。
他の業務が忙しかったので、ずっとほったらかしになってしまいました。
ごめんなさい。

さて、季節を感じ取ってみると
空は澄み渡り、爽やかで過ごしやすい時季。

朝夕の急な冷え込みに、秋の到来を実感します。

秋と言えば、

H27_pic.jpg

9月は、シルバーウィーク!!
ゴールデンウィークにあやかって名つけられた造語で「秋の大型連休」のこと。
今年は土曜日も含めると5連休になりましたね。
みなさんどこかに遊びに行かれたんではないでしょうか?
楽しい休日を過ごされたのでは。

pic_aki_week.jpg

そして、10月に入れば、

運動会(体育祭)や秋祭りなどがありますね。

また、衣替えの季節でもあります。

pic_aki_syubun.jpg

そして、

秋分(しゅうぶん)
昼と夜の長さが同じになる日。
この日を境に夜の方が長くなり、日一日と秋らしくなっていきます。


寒露(かんろ)
草木に冷たい露が結び始める頃。
空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。


厳しい残暑が過ぎて、
徐々に気温が低下しますがそれと同時に湿度も低下し、
乾燥が気になりはじめます。

気温や湿度の低下により、肌のうるおいも奪われます。

紫外線の量・強さともに弱まりますが、
秋晴れの澄んだ空の下、心地よい気候にも油断大敵です。

あぁ、やっぱり、お肌のスキンケア対策を考えなくちゃ・・・



★あかだまホームページ(化粧品部門)
http://akadamacosme.web.fc2.com

★あかだまホームページ(クスリ部門)
http://akadamakusuri.web.fc2.com

★あかだまFaceBook
http://www.facebook.com/akadamacosme

★あかだまスタッフブログ ~ 新米な登録販売者のつぶやき ~ 
http://blog.livedoor.jp/akadamastaff

★あかだまスタッフ(twitter)
https://twitter.com/aka88nishi
スポンサーサイト

どう選ぶ? 日焼け止め


こんにちは。

あかだまスタッフ”N”です。

この時季、紫外線の強さはピークに近づきます。

曇りの日でも、晴れた日の6割以上の量の紫外線が届いています。

美肌を維持するには、お肌を紫外線から守ることが鍵となります。

そこで、

どう選ぶ? 日焼け止め!

たくさんの種類がありますが、用途に応じて選ぶことが大切です。

日焼け止めの上手な選び方のポイントをご紹介します。

H27_pic.jpg



日常生活で、屋外のレジャーで、肌は紫外線を常に浴びています。

そのシーンに合わせた紫外線防止化粧品を選び、UV対策をしていくことが効果的です。

pic_shigaisen_SPFPA_1_3.gif


ちょっとした外出であっても紫外線は浴びてしまいますから、
紫外線対策は大切ですが、常に値が高いものを使用する必要性はないのです。

生活シーンに合ったものを使い分けましょう。pic_shigaisen_SPFPA_1_1.jpg


◆SPF
(Sun Protection Factor)の略称。

UV-Bを防止する効果を表します。
数値が大きいほど、防止効果は高くなります。


◆PA
(Protection Grade of UVA)の略称。

UV-Aを防止する効果を表します。
+の表示が多いほど防止効果は高まります。


pic_shigaisen_SPFPA.jpg

aka_cyara_1.jpg

紫外線の影響により「日やけ」「シミ・ソバカス」だけでなく、「乾燥」のお肌悩みも現れます。

紫外線から守るために、しっかりとムラなく均一に、塗り残しがないようにして下さいね。




★あかだまホームページ(化粧品部門)
http://akadamacosme.web.fc2.com

★あかだまホームページ(クスリ部門)
http://akadamakusuri.web.fc2.com

★あかだまFaceBook
http://www.facebook.com/akadamacosme

★あかだまスタッフブログ ~ 新米な登録販売者のつぶやき ~ 
http://blog.livedoor.jp/akadamastaff

★あかだまスタッフ(twitter)
https://twitter.com/aka88nishi

この時季に積極的にとりたい栄養素!

4月のこの時季、
暖かな日ざしに気持ちも和むものの、日ごとに強まる紫外線により、
肌や身体は影響を受けやすく
なっています。

また、生活の転機などでストレスが生じると肌も不安定になりシミなどの悩みにつながることも。

H27_pic.jpg

抗酸化力を高め、活性酸素を消去することで、
紫外線やストレスによるダメージに負けない健康な肌を守りましょう。


shi_H2704_pic8.jpg

== 積極的にとりたい栄養素や成分 ==

<抗酸化ビタミン>

●ビタミンA / B-カロテン
※B-カロテンは体内でビタミンAにかわります。

うなぎ ・ にんじん ・ かぼちゃ


●ビタミンC

野菜 ・ 果物(キューイ) ・ いも類


●ビタミンE

アーモンド ・ かぼちゃ ・ 植物性油


shi_H2704_pic10.jpg


<抗酸化成分>

●クコの実エキス ・・・ クコの実
●ブドウ種子ポリフェノール ・・・ ぶどう
●アスタキサンチン ・・・ 鮭、エビ
●ヘスペリジン ・・・ 柑橘類
●L-シスチン


== 日常生活のポイント==

紫外線対策 は万全に
ストレス をためないように
バランスの良い食事 を心掛ける
喫煙 はひかえる
睡眠不足 に気をつける

a_img_5_2.jpg




★あかだまホームページ(化粧品部門)
http://akadamacosme.web.fc2.com

★あかだまホームページ(クスリ部門)
http://akadamakusuri.web.fc2.com

★あかだまFaceBook
http://www.facebook.com/akadamacosme

★あかだまスタッフブログ ~ 新米な登録販売者のつぶやき ~ 
http://blog.livedoor.jp/akadamastaff

この時季の肌変化 4月

この時季の環境変化は、

気温の高まりとともに紫外線の量も増加!(紫外線量が3月から5月にかけて急激に増える)

H27_pic.jpg


~ 紫外線 ~
●UV-A(A紫外線)・・・波長が長い
赤くならずに黒くなります。
また、長期的に浴びるとしわ・たるみなどの原因に!


●UV-B(B紫外線)・・・波長が短い
赤くなった後、黒くなります。
また、シミ・ソバカスや乾燥の原因になり、
長期的に浴びるとシミ・しわ・たるみの原因にもなります。


shi_H2704_pic1.jpg


== この時季の肌変化 ==

shi_H2704_pic2.jpg

紫外線の影響により、うっかり「日やけ」を招いたり、
肌内部に「シミ・ソバカス」などの原因ダメージが蓄積されやすい。

(肌内部にメラニンが潜み、肌色変化が招く)

shi_H2704_pic3.jpg


そこで・・・

毎日のケアで紫外線ダメージに負けない明るい肌へ導くのが重要!

shi_H2704_pic5.jpg


紫外線の影響を受けにくい肌へ ==> 化粧水・乳液で毎日ケア
うるおい・透明感があり、紫外線ダメージを受けにくい肌づくりに努めましょう。

肌表面に現れいなくても、メラニン対策が重要! ==> 美白美容液・美白マスクで毎日ケア
メラニン対策により紫外線の影響を肌に残さないようにしましょう。

a_img_5_2.jpg




★あかだまホームページ(化粧品部門)
http://akadamacosme.web.fc2.com

★あかだまホームページ(クスリ部門)
http://akadamakusuri.web.fc2.com

★あかだまFaceBook
http://www.facebook.com/akadamacosme

★あかだまスタッフブログ ~ 新米な登録販売者のつぶやき ~ 
http://blog.livedoor.jp/akadamastaff

この時季の肌変化 1月

この時季の肌変化について

気温や湿度の低下により、さまざまな肌悩みの実感が加速しますね。

湿度の低下により、肌は乾燥状態に。

気温の低下により

・血液循環が悪化し、表皮のターンオーバーが不調
・皮膚温が低下して細胞の活力が弱まる。


よって、乾燥、肌あれ、しわ、ハリの低下につながります。

そこで、
H27_pic.jpg

砂漠環境に打ち勝つ!
― 脱! 乾燥、肌あれ、しわ、ハリの低下 ―

やはり、化粧水・美容液・乳液・クリームをしっかり取り入れ、お手入れすることが大切です。

それぞれの役割とは?

H27_shi_img0.jpg


★化粧水の役割★
「化粧水」は失われた角質の水分を補充する役割があります。
しかし、化粧水には水分を補充した後、それを保っておける効果がありません。
化粧水には保湿成分が含まれていますが、ほとんどが水で出来ているので、そのうち蒸発してしまいます。
化粧水の後に補充した水分を保つ役割をしてくれるのが、美容液です。


★美容液の役割★
美容液には潤いを与えるだけでなく保湿をする働きがあります。
また、美容液は保湿しながら、美白やアンチエイジング、リフトアップなど
肌にとってプラスアルファの効果をもたらし、肌の状態をさらに良好にしてくれます。


★乳液の役割★
保湿をしてくれるのが美容液なら、乳液はなんなのか?
乳液は油分を中心としており、化粧水や美容液の効果を油で閉じ込め、
水分の蒸発を防いでくれる働きがあるのです。



★クリームの役割★
乳液とクリームの違いは水分と油分のバランスの違いがあります。
油分がより多くこっくりとした質感のものがクリームです。
保湿・保温・活力アップ・血行改善など肌活力の回復を促進します。



基本的な役割としては、乳液もクリームも同じです。
自身の肌の油分に応じて選ぶといいでしょう。
乾燥しやすい目元や口元などは乳液後、油分の多いクリームで
さらにフタをして潤いをキープすることがオススメです。



H27_shi_img1.jpg


~ 付ける順番 ~

化粧品の各メーカーによって使用法が変わっているので、
一概には言えませんが、基本的には以下の手順で行えばよいでしょう。

①化粧水 ⇒ ②美容液 ⇒ ③乳液・クリーム

また、乳液ではなくクリームにしてみたり、
特に乾燥が気になるといった肌状態の時は、乳液とクリーム両方を使う
といった具合に使い分けてみるといいでしょう。

但し、メーカーによって使用方法は違ってくるので、
メーカーの使用方法をしっかりと確認する事が大切ですね。




★あかだまホームページ(化粧品部門)
http://akadamacosme.web.fc2.com

★あかだまホームページ(クスリ部門)
http://akadamakusuri.web.fc2.com

★あかだまFaceBook
http://www.facebook.com/akadamacosme

★あかだまスタッフブログ ~ 新米な登録販売者のつぶやき ~ 
http://blog.livedoor.jp/akadamastaff

プロフィール

N氏

Author:N氏
あかだまStaffブログへようこそ!
化粧品や美容・健康情報を発信していきます。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。